院内新聞

マウスピース矯正では難しいケースのinvisalign治療例

上下の前歯のかぶさりが深く、上の前歯が後方に傾斜していて、上下の歯ならびがとても狭いという、マウスピース矯正にとって苦手とする条件がそろっている症例に対して、同意のもとInvisalignでの治療を行った結果をご報告します。

治療前
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

約2年後
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2

invisalign単独では難しいので、事前に内側に装置をつけて上下を拡大しています。また、一度型どりをし直してマウスピースを再設計はしていますが、ワイヤーは一切使用していません。

私はよくある「マウスピース矯正」の失敗例、中途半端な治療結果を数多く目にしてきたので、マウスピース矯正(とりわけその一種であるインビザラインでの前歯のかぶさり具合や傾斜の改善等々)については否定的でしたが、このような結果を見るとその考え方を変えざるを得ません。
インビザラインは、思った以上に汎用性がある治療手段かもしれません。主な治療期間では目立たない利点を活かしてインビザラインを使用し、仕上げ時においては一部ワイヤーでの矯正をさせてもらい、インビザライン前にその他の装置の併用をしたり、あるいはインビザラインとマイクロインプラントの併用をしながら、それでもこれまで以上に患者さんにストレスのない治療が可能かもしれないと思っています。
あるいは場合によってはインビザラインとスプリントを併用して咬合自体を改善しながら患者さんの要望に応じた負担のない治療を行うこともやろうと思えばいくらでも出来るのではないかと大いに可能性を感じるところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

一覧へ戻る

PAGETOP