院内新聞

日本矯正歯科学会・矯正認定医を取得するには

認定医制度がどうしてあるのかご存知でしょうか。

医師、歯科医師は大学で6年間学び、国家試験に合格すると研修医として様々な分野で勉強を始めます。
実際の技術習得は卒業後、国家資格を取ってからの勉強がとても大切になります。

現在、歯科医師の資格を持っていればどの専門(小児歯科、口腔外科、矯正歯科)を標榜して治療をしてよいこととなっています。しかしこれではどの程度の技術を持っているのか患者様からにはわからないのが実情でした。
矯正治療は専門性が非常に高く、歯科の中でも難しいとされている分野です。そのため、日本矯正歯科学会では正しい知識と技術を学んだ歯科医師を公認する認定医制度ができたのです。。
日本矯正歯科学会は日本国内で最も大きい学会です。

認定医取得には、

・5年以上日本矯正歯科学会の会員であること。
・2年以上大学の矯正科で研修医をした後、学会指導医の下さらに3年以上矯正に専門的に従事すること。
・学会誌にオリジナルの論文を発表すること。
・学会の定める試験に合格すること。

が条件となります。
当院院長は2012年認定医を取得しています。

認定医取得後は5年ごとに更新試験があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

一覧へ戻る

PAGETOP