院内新聞

かかりつけ医を持つこと 医科、歯科

4月の半ば当たりだったでしょうか。
ニュースを見ていた時に発熱したときにまずどこの病院に連絡して診てもらえばよいのかしら??とふと疑問に浮かび、自宅にある私の名前の診察券を確認したところ、、、、内科関係の受診券が1枚もありませんでした。耳鼻科、婦人科、整形外科、歯科はありました。子供のはありました!そういえば風邪をひいた・熱が出たときは市販薬でごまかして病院に行ってなかったな。。と 今、内科にかかりたくてもどこも引き受けてくれなかったらどうしよう。。。と少し恐怖を感じたのが事実です。
働き世代の方や子育て中のお母様方の中では私と同じ状況の方、多いと思います。

現在自粛が続く中、病院・歯科にかかりたくても我慢されている方いらっしゃるのではないでしょうか。当院は歯科ですので歯科中心の話になりますが、まず先にお話ししておきたいのが、口腔内の不衛生は身体に悪影響を与えます。口腔内を清潔に保つことで細菌やウイルス感染、肺炎の予防に有効であること。インフルエンザの発症率を抑えるということがわかっています。

・歯がちょっと痛かったけど落ち着いたから歯医者は次また痛くなってからでいいか。
・痛み止め飲んだら落ち着いたからそのうちに行けばいいか。
・虫歯を見つけた
・歯茎がどうも調子悪い
・入れ歯が合わない、ご飯がおいしくたべられない
・自粛生活でストレスがたまったのか顎が痛い
・装置がはずれた
・装置をなくした。壊してしまって付けてない
・矯正治療を始めたいけど今相談に行ってよいのかな
など

該当する方いらっしゃいますか。
上記以外にも口腔内に不安なことがあれば放っておくことはおすすめしません。
下4つに関しましては当院で対応できますので当院にかかられている患者さまは次回の予約を待たずにぜひご連絡・ご相談いただければと思います。また新規の患者さまも当院は受け付けております。顎の関節や矯正の治療は大変長い時間がかかる分野になりますのでタイミングをはずさないでほしいとくれぐれも思っています。
その他におきましては一般歯科で対応しますが、現在新規患者を受け付けていない歯科医院もありますのでそのようなときにはかかりつけ医(受診券がある)があれば安心ですし、もしかかりつけ医がなければ近場の歯科医院にまず電話で連絡をしていただいてどうぞ我慢せずに受診されてください。
歯科はオンライン受診が難しい医療の分野になるかと思います。そのため来院いただく必要があり心配される方が多いと思いますが、歯科医院はもともと感染症対策に厳しい分野になり、今回でより慎重にまた強化して取り組み、治療にあたる歯科医院がほとんどになります。

今後信頼できるかかりつけ医を持つことは精神的にも身体的にも大切になるかと思いました。

当院はかかられている患者さまそして、新しく来ていただく患者さまに安心して治療を受けていただけるように感染対策をより強化し治療にあたっております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

一覧へ戻る

PAGETOP

はじめての歯科矯正!矯正の無料相談会・カウンセリング<要予約> 営業カレンダー アクセス