小児矯正・矯正歯科専門 院長写真

当院のホームページをご覧頂きありがとうございます。

院長の岩渕泰憲です。
 矯正治療後に前歯が当たらなくなったり、あごゆがんできたり、歯ぎしりや食いしばりを生じたりということがあります。あごのずれは、無意識のうちに悪い姿勢でずっといるようなものです。単にまっすぐ並べるだけでなく時間が経ってもぴったりと維持できるような緊張の取れた美しい顔貌と噛みやすさを作ることが重要です。
また、成長期であれば歯並びは改善したものの口元が悪くなってしまうこともありますが、その原因もあごのずれです。あなたがいつも噛んでいる位置は下あごがアンバランスなほうへ移動させられているかもしれません。スタビライゼーションスプリントによりあごの関節の安定化を行えばその後の矯正によって、かみ合う筋肉のバランスやオトガイの位置を改善することで成長期であればなおさらのこと、成人であっても顔面の美しさ、かみ合わせの安定性、快適さが得られます。
  歯が悪くてもいのち自体に別条はないのですが、本当はよりよい口元にできるのに、時間のあるときに迷ってその機会を逃してしまうのはもったいないかもしれません。矯正治療は一生に一度の機会ですので、今現在口元やかみあわせ、歯並びを良くしようとせっかくお考えになっているのであれば、その意欲を無駄にしないでください。私たちスタッフはその意欲と貴重な投資に対して、やっぱりやって本当によかったという結果で応えてあげなければならないと思っています。

1995年
本郷高校 卒業
2002年
東北大学歯学部 卒業
歯科医師免許取得
2002年
プレイントゥリー歯科研究会 井上歯科クリニック 他 勤務
2006年
広島大学矯正歯科 入局
2010年
学位取得 博士(歯学)
テーマ「IL-1β添加下のブタ下顎頭軟骨の基質代謝に対する低出力超音波照射の影響」
主任:丹根一夫 広島大学名誉教授
担当教官:田中栄二 徳島大学教授、谷本幸太郎 広島大学教授
広島大学病院 勤務(後期研修医)
科学研究費助成事業(若手スタートアップ)
「超音波パルス微細振動による基質代謝活性の制御技術を応用した顎関節軟骨再生治療」
2012年
広島大学矯正歯科 退局
瀬戸田村上歯科医院 代理院長
瀬戸田村上歯科医院 退職
日本矯正歯科学会 認定医取得
2013年
湘南矯正歯科クリニック 院長
2014年
論文発表(海外)
論文:Effects of Low-Intensity Pulsed Ultrasound on the Expression of Cyclooxygenase-2 in
Mandibular Condylar Chondrocytes: Journal of Orofacial Pain Headache.
2014 Summer;28(3):261-268
2017年
第10回 矯正専門医のためのRoth philosophy実践コース(2年間)受講
2020年
ロススタディークラブ アクティブメンバー (会員名簿リンク
所属 : 日本顎関節学会
     日本矯正歯科学会
    東京矯正歯科学会
    日本舌側矯正歯科学会
    日本顎変形症学会
    日本口腔筋機能療法学会
    広島大学矯正学教室同門会
    ロススタディークラブ(RSCJ)

一覧へ戻る

PAGETOP

はじめての歯科矯正!矯正の無料相談会・カウンセリング<要予約> 営業カレンダー アクセス