診療の流れと料金について

当院では最初に矯正の診断を行い、もし診断時にあごの関節に問題がある人は矯正治療前にスタビライゼーションスプリントという装置であごの正しい位置を確認修正し、あごの関節のゆるみを改善させ、それから再度より細かな診断を行い矯正治療の治療方針を最終決定します。あごに問題がなくスプリントを使わない人でも、最終的なかみ合わせを考慮しながら矯正を始めます。あごの関節の異常は、お子様であればオトガイの成長や鼻呼吸、成人であれば顔貌や安定性、そのほかかみ合わせに関わる筋肉の緊張に深く関わっています。

PAGETOP

はじめての歯科矯正!矯正の無料相談会・カウンセリング<要予約> 営業カレンダー アクセス