院内新聞

CTの導入について

7月12日に世界最低レベルの放射線量で3D撮影できる(国際放射線防護委員会の報告より)矯正歯科用CBCT、OC-300(OP-300の矯正歯科オプション付)を導入することになりまし...

矯正の歴史を100年分進めたi station

新発売するi stationの、記念すべき第一回のセミナーに参加しました。 これは、斎宮先生による、「世界の成人矯正の歴史を100年分飛び越えてしまった、ノーベル賞級の大発明...

早期から矯正治療をしても改善が難しい人

矯正治療は、かみ合わせやあごの状態により、明らかに治せるケースと、ドクターにとっても「トライ」に該当するケースがあります。 当院はインビザラインを中心として、裏側矯正、非抜歯矯正...

10歳からの上顎前突治療例

こんにちは。 今回は、最近院長が終わった症例の御紹介です。特に10歳に院長が治療を開始し、13歳に治療を終了した患者にしぼって御紹介します。(受け口は長期観察が必要なため入ってい...

invisalign治療に向いている人、そうでない人?

昨日、今日と非抜歯矯正研究会に始めて行ってきました。 非抜歯矯正(MOO)の内容はさておき、今回のテーマはマウスピース矯正でもっとも先進的な製品であるインビザライン一色の内容で、...

寝癖の歯並びに及ぼす悪影響

先日、MFT(口腔筋機能療法)学会に参加してきました。 毎回勉強になるのですが、今回は特に乳児期からの成長発育についてや、姿勢、態癖(寝癖など)についての話しがとてもためにな...

早期介入と機能的改善

こんにちは。 今回は早期介入と機能的改善についてです。 矯正治療は早いほうがいいかをよく尋ねられます。早期に悪くなるような原因が見られるならば、早いうちにその原因を取り...

自然の力を大事にする治療

こんにちは。 当医院の特徴を改めて考えますと、やはり自然の力を大事にすることだと思います。 患者さんの習癖や筋肉の作用、個々人の持つ成長力、成長のベクトル、はたまた遺伝...

PAGETOP