治療期間とお口の機能の関わりについて

舌を前に出して飲み込むクセがあったり、お口をぽかんと開いていて舌が常に下にあるような人は、上下の前歯の間に舌が挟まっているので上下の前歯を当てるまでに長い期間かかってしまう場合があります。

> 舌の癖に注意!
治療期間と歯並びについて

左右のズレがある人、前歯の真ん中が左右にずれている人は一般的に大変で、歯並び全体が上下でねじれて合わさっており、全体のねじれを取るのに全部の歯を一本づつ動かしていくので、手間や治療期間がかかるのが普通です。
<治療期間の長さと歯並び>
前歯の真ん中が大きくズレていたり、臼歯の覆い被さりが左右で異なる>上下の前歯が開いていて隙間がある(開咬)>出っ歯や受け口>通常のがたがた>軽度のがたがた

治療期間に与える生活環境について

たとえば、
留学などで来院できない期間があったり、仕事柄多忙のため一ヶ月半以上来院間隔が開いてしまう場合はその分だけ治療期間が延長してしまう可能性があります。
もし引っ越してきた、引っ越す予定があるなどご不明な点があればご相談下さい。

治療期間と体質について

歯の動きは骨代謝によってなされています。年齢が高いほど骨代謝は低下し、骨が密になるので、中高生よりも成人の方が倍程度歯が動きにくいことがあります。
もし動きにくければ、動かすための力を大きくさせて頂いたり、日常生活で有酸素運動をしたり、よく睡眠を取るとよいでしょう。

矯正治療期間と成長発育について

年齢が若くあごの成長が残っていれば、矯正治療期間が短くて済むことが多いです。
受け口の人の場合、早い時期からの長い期間の治療が必要ですが、そういう場合は来院間隔を長くするなどして、来院の負担を減らすことは可能です。

治療期間と部分的に動きにくい歯について

上の奥歯の根っこの先が鼻腔の底にある固い皮質骨に絡まっている場合は、上の奥歯の根っこの先の部分だけがどうしてもそこから動いてくれないことがあります。また、下の奥歯、下の犬歯も同様の理由で硬い骨にさえぎられて動きにくくなっていることがあります。35歳以上の男性ではまれに歯と骨が癒着していて力をかけても全く動かない場合もあります。回転している歯も回転を戻すのに時間がかかることが多いです。どうしても動かない歯がある場合、マイクロオステオパーホレーションやコルチコトミーを行うことがあります。

治療期間と装置について

装置は、治療期間や痛み(少ない力で動かす)といった機能を重視した装置と、裏側・透明といった装着時の見た目を重視した装置に分けられます。裏よりも表の方が早く終わります。また、表側のクリアブラケットは、治療期間が短いセルフライゲーションタイプと透明な審美タイプから選べますが、大きく治療期間に違いが出ることもありますので、歯の動きの遅い成人にはセルフライゲーションがオススメです。

インビザライン(手軽にしたい場合におすすめです。)

治療期間と来院頻度について
歯の動くのにはだいたい1ヶ月はかかるので、頻繁に来院したからといって早く終わるとは限りません。

通常の治療期間について

以上様々な要因について述べましたが、あまり治療期間が短すぎても、それだけ治療後に後戻りしやすかったり仕上がりが甘くなることも考えられますので、治療期間が短いからよいとは言えません。
実際に歯を動かしている期間についてですが、通常子どもであれば中学生まで、中高生であれば1年半-2年半程度、成人であれば2年-3年程度がおおよその目安ですが、スプリント期間や歯の動きにくさ(特に成人で年齢が高い場合)、治療の難しさによって非常に前後する可能性がありますので、治療期間はあくまで目安とお考え下さい。ただし、当院は装置と状態ごとのトータルパッケージ料金ですので想定より治療期間がかかっても超過料金などが発生することはありません。

> 診療の流れについて

一覧へ戻る

PAGETOP

営業カレンダー アクセス