舌・唇の癖は前歯の並びを悪くする

  • 通常の歯並びの例
  • 低位舌による下顎前突の例
  • 低位舌と舌突出/開口癖による開咬・下顎前突の例
  • 口呼吸と舌の突出による歯列狭窄・上顎前突の例
  • 舌の突出による空隙歯列の例
  • 癖はなおしておかないとね。

かみあわせの状態は、頬圧、唇の閉鎖力、舌の位置と運動、咀嚼筋の強弱により悪い影響を受ける場合があります。(大野 粛英ほか: 習癖による前歯部開咬症例−筋機能療法を用いた例. 歯界展望別冊/臨床医の歯科矯正入門. 医歯薬出版 117-126 (1987))。これらの口腔周囲筋のバランスが、治療後の後戻り、矯正治療の進み具合、治療後側貌の美しさを左右するという報告があります。(近藤悦子: Muscle wins!の矯正歯科臨床 医歯薬出版 Ⅻ-2(2007))

一覧へ戻る

PAGETOP