矯正前、矯正中、矯正後のむし歯について

普段の歯磨きがとても大事です。
装置がない状態に比べて虫歯菌や汚れの数が多くなるので、矯正中は歯磨きが悪いと生えたてのやわらかい歯や形成不全の部分であればたとえ一ヶ月であっても着色や初期虫歯(穴はなく、予防だけで回復が見込める状態)から急速にむし歯の穴が進行してしまうことがあります。当院はご要望があれば保険診療のクリーニングもしていますが、特定の矯正処置だけのために予約時間を確保していると、予約時間内では本人にしっかり磨くよう声がけのみになってしまう日もあります。そのため、むし歯のチェックや予防処置についてはお任せではなく、3ヶ月おきを目安に矯正の次回予約時に保護者の方から検診とクリーニングで別枠の予約を取得して頂くか、かかりつけの一般歯科の先生に定期的に診てもらってください。なお、クリーニングはパッケージ料金外ですので別途保険診療になります。もしむし歯があった場合、当院でも処置が可能です。但し根管治療や差し歯の治療は専門性が高いのでかかりつけの先生にご相談下さい。

矯正前のむし歯について

矯正前にあった、あるいは見つけたむし歯については、かかりつけの先生へ虫歯治療を依頼し、同時に当院での診断や治療準備を開始することが多いです。
大きな処置が必要な場合、たとえば矯正治療と同時に歯周病の定期的な管理を行ったり、矯正治療にともない数歯にわたるかぶせ物や入れ歯を作製することは、まずかかりつけの歯科医院にて相談下さい。なお、むし歯の程度によって抜歯部位を考慮する場合もあります。

矯正中のむし歯について

抜歯後、矯正装置で歯と歯の間を開いたとたん、以前から隙間にあったむし歯が見つかることがあります。
かかりつけの歯科医院に処置を依頼することが多いですが、矯正装置によっては依頼先ではむし歯の処置ができない場合もあり、その場合は当院で別の日に保険にて虫歯治療を行います。

矯正後のむし歯について

矯正治療後、定期検診にて見つかったむし歯についてはかかりつけの先生に処置を依頼します。
小さなむし歯であれば当院でも治療可能です。

矯正治療中のクリーニングは?

矯正治療中は装置周りの汚れが大きい場合はその場で清掃致しますが、毎回は行っておりません。また、清掃状態が悪いことに対して口頭でお伝えするのみとなることもありえます。歯の全体的なクリーニングについてはパッケージ料金に含まれていませんので、健康保険による別途予約となります。

当院では、痛みが生じる深いむし歯に対しては、
歯を削らずに抗生物質でむし歯を殺菌する3-mix MP法を、
発表された本来の方法に沿って忠実に行っております。
そのため、神経を取ったりすることもほとんどありません。

一覧へ戻る

PAGETOP

はじめての歯科矯正!矯正の無料相談会・カウンセリング<要予約> 営業カレンダー アクセス