不正咬合と顔貌の関係

(詳細な治療内容は直接来院時に説明致します。)

理想の側貌
Eライン(青線)に対して上下の口唇が接するか内側に入っています。
Nasolabial angle(赤線の角度)が100度前後です。
緊張無くお口が閉じれている状態です。
上顎前突
Eライン(青線)に対して上(下)の口唇が出ています。お口を閉じた時に筋肉が緊張していることもあります(黒線)。子どもではあごの関節を正常化し、あごの正常な成長を促します。成人では前歯の位置を下げたり、あごの関節を安定化してからオトガイを前に持ってきます。
下顎前突
上顎が引っ込んでいるかもしくは下顎骨の水平方向の発育が良い状態です。鼻の通りが悪く上顎の発育が悪いです。あごの関節に左右のズレを生じていることがあります。
開咬
開口癖により口が閉じにくい事が多く、オトガイは後退しています(黒線)。口を閉じたときには筋肉が緊張しています。あごの関節が浮いているので、関節の問題をなくし、筋肉のバランスを改善することと、矯正によって奥歯を低くしてあごを閉じさせることで矯正治療後のかみ合わせを安定化するだけでなく、美しい口元になることができます。
あごの関節が良くなれば首筋のラインと舌位の低下が自然と改善します。
過蓋咬合
はぎしり、くいしばりの癖があり、噛む筋肉、唇を閉じる筋肉が発達しています。あごの関節は硬く、すり減っており、左右どちらかにズレていることも多く、あごの関節の音が鳴ったりしてきます。それにより下あごの成長が小さく抑えられ、口唇の強さによって上の前歯は内側に深くかぶさっています。
あごの関節が良くなれば自然とあごの形が改善します。

早めにあごの関節の安定化を開始することで上顎、下顎の発育のコントロール、オトガイの成長方向のコントロール、筋肉のバランスが改善し、さらに当院で行っている舌や筋肉のトレーニング(MFT)によって、顎顔面の発育においてもより良い結果が期待できます。

抜歯やマイクロインプラント、夜間着用のヘッドギアによって口元の見た目(Nasolabial angle、E-line)を明らかに改善することが可能です。

一覧へ戻る

PAGETOP

はじめての歯科矯正!矯正の無料相談会・カウンセリング<要予約> 営業カレンダー アクセス