歯が凸凹に重なって生えている状態で、乱杭歯とも呼ばれます。
八重歯も叢生に含まれます。上下の歯がうまく咬み合わないため、さまざまな不調の原因になります。

治療前

治療前 イメージ

初診時に上の親知らずの位置をCTで確認しています。ガタガタの程度が大きく、上下合計4本の抜歯が必要です。 

↓

治療後

治療後 イメージ

一年半後です。きれいに並び、患者様も満足されました。

治療前

治療前 イメージ

↓

治療後

治療後 イメージ

マルチブラケット装置とヘッドギアを使用し、口元の緊張感が改善するとともにオトガイが前方に移動し、首筋のラインも改善されました。


以下は、上記写真に関する解説です。

治療内容
マルチブラケット装置
治療費用
85万円〜(一般参考)
リスク・副作用
著しいがたがたと、他の不正(正中偏位、上顎前突など)を併発している場合は治療の難易度が上がるため、必ずしも理想通りには行かない場合があります。
横顔の改善については、歯ぐきや骨格の状況によって治療の計画時に理想的に改善させられない場合があります。
上顎の最前方にある前歯の大きさ自体が大きい場合は歯の形態や大きさ、厚みによるもので歯列の問題ではないため、改善しにくいことがあります。(※ 個人差があります)
もっと知りたい
さらに詳しくお聞きになりたい方は、
定期的に開催している「無料カウンセリング」へお申し込みください!

一覧へ戻る

PAGETOP

はじめての歯科矯正!矯正の無料相談会・カウンセリング<要予約> 営業カレンダー アクセス