院内新聞

噛み合わせと前歯があたらない状態の関係

私の経験から、いつも噛んでいるアゴの位置は9割以上、ほとんど正しくありません。当院では矯正治療前にアゴの位置を確認します。Aが当院受診前の状態、Bが顎関節の位置を正常化した後の状態です。まだ矯正治療は始まっていませんが、最初と比べて下あごの位置が変化しているのが分かると思います。真ん中が一致し、前歯が開いて、より前歯があたらない状態になっていますが、これがこの人の本来のアゴの位置です。かみ合わせの改善ができるのは矯正歯科(正しくはその中でも一部)だけです。 このように、矯正治療の前にアゴのズレを確認しないと、治療の途中や治療後にアゴのズレを生じます。Cのように治療中あるいは治療後にアゴがずれると、歯に隙間ができたり、前歯があたらない、あるいは治療が長引くことになります。 治療前に正しいゴールを設定することがいかに大事かおわかり頂けると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

一覧へ戻る

PAGETOP