永久歯列に用いる矯正装置(マルチブラケット装置)

永久歯列に用いる矯正装置イメージ

永久歯列に用いる矯正装置イメージ

イメージ

イメージ

歯の表面に金属製のブラケットを取り付け、それをワイヤーでつなげ正しい位置へ矯正します。
当院のロスタイプブラケットは、あごの関節を安定させつつ顔貌の改善を図るというロス先生の考え方を実現するために必要不可欠なブラケットシステムで、そこにまっすぐなワイヤーを通すことで顔貌の改善と歯列の安定化を行うために行われる歯の移動にちょうど合うようにあらかじめセッティングされたブラケットです。

  • 従来の方法と比べて歯の移動が比較的スムーズです
    また、複雑なワイヤーの屈曲が不要となりました。
  • 従来の方法と比べて
    比較的短期間での治療が可能です。
  • 偏位症例、開咬症例、下顎前突など難しい症例でも
    ゴムメタル製のワイヤーにより安定した治療が可能です。
  • 最初はほっぺたの内側に圧痕や擦過傷を生じる場合があり、
    そのような場合は保護するためのゴムをお渡しします。
  • ワイヤーの端が出ていて痛みを感じる場合は来院が必要です。
  • 歯ぎしりが強い場合は装置が外れやすく来院が必要になる場合があります。
  • 歯の間が虫歯になりやすいので注意が必要です。
  • コバルトやニッケルアレルギー(3+)以上の方はセラミック製のブラケットとゴムメタル製のワイヤーでの対応となります。

イメージ

当院では裏側の矯正は理想的に仕上げるために上の写真のような予測模型を治療前に製作します。それと改良型コモンベースシステム(=コモンベースというタグを使用してあらかじめ歯の理想的な位置にブラケットを装着するボンディング方法)によって模型上の歯の三次元的に理想的なブラケットの位置をお口の中にそのまま再現します。(※但し、歯の動きやすさによりかかる治療期間などには個人差があります。)

  • 抜歯した場合を含めて周囲に気づかれずに矯正治療ができます。
  • 前歯の状態を確認しながら治療を受けられます。
  • 上顎だけ裏側でも出来ます。(ハーフリンガル)
  • 表側よりも治療期間や1回の治療時間がかかります。
  • 表側矯正よりも上下前歯が後方に倒れやすい。
  • そのためハーフリンガルのほうがよい場合がある。
  • あごが狭かったり舌が低い人は下に装置を付けてから慣れるまで発音のしづらさがあり、また舌に圧痕や違和感を生じることもあります。
  • かみ合わせが深いと一時的に歯ぐきが腫れる場合があります。

マウスピースを用いた矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、透明なマウスピースなのでほとんどわかりません。ペットボトルと似た材質上、小さながたがたであればきれいに並びますが、そうでなければ細かなところできちんと並べるのは困難です。歯並びを重視する方や口元を治したい場合や抜歯が必要な程度の場合にはワイヤーの矯正が適しています。
他の装置のように一日中ゴムを使って頂いたり、補助的にワイヤーを奥歯につける場合があります。当院では資料を取った日から5年以内の再治療保証があります。万が一インビザラインでの治療の続行が困難な場合は表側での治療となります。その際でもインビザラインの製作費用はかかっているため治療費の一部返金などはできません。また、治療開始までに1.5ヶ月程度かかります。さらに、他の装置のように治療を進めながら虫歯治療などを並行して行う事ができませんので、虫歯などについてはマウスピースの資料を取るまでに有無をチェックし、全て治療を終了しておかないと、虫歯治療後に再度作り直すことになります。(※インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。)

  • 出張中も治療を進めることが可能です。
  • 透明で見えないので手軽に前歯の印象を改善できます。
  • 治療後数歯の後戻りに対して、ブラケットを再度付けることなく後戻りを改善することができます。
  • 奥歯が押し下げられる性質上、噛む力が強い人には噛み合わせが深くなってしまうため使用できません。
  • 真ん中のずれやアゴのズレの修正といった歯並び全体の移動の際は表側矯正を使います。
  • 材質上、細かな部分できちんと並ばせるのは難しいことがあります。
  • 治療完了までにマウスピースを作り直すことがあります。
  • マウスピースは食事以外、装着が必要です。

その他お口に固定される装置

その他お口に固定される装置 イメージ

その他お口に固定される装置 イメージ

生え替わりの時期/顎顔面の成長期に用いる装置

生え替わりの時期/顎顔面の成長期に用いる装置 イメージ

生え替わりの時期/顎顔面の成長期に用いる装置 イメージ

ヘッドギアは在宅時の9ー10時間を目安に、取り外し式の装置は基本的に睡眠時のみで構いません。受け口に対してはチンキャップとフェイスマスクの両方を併せ持つタイプ(ホルンタイプチンキャップ)があります。また、既製マウスピースのような歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド、T4K、i3、Multifamilyなど)による早期矯正治療も当院で行っています。既製マウスピースによる矯正治療は有効ですが、他の装置と同じように使用時の個人的な癖に引っ張られて悪影響が出ていないか定期的に観察し、場合によっては違った装置に変更するほうがよいでしょう。

その他装置

その他装置 イメージ

その他装置 イメージ

GMDは、主に非抜歯矯正で確実に歯を後ろに動かしたい場合や、ヘッドギアの使用の協力が難しい場合に使用しますが、奥歯の干渉(悪い当たり)を作る可能性があります。固定式なので協力が不要ですが、装置が大きめです。ヘッドギアは毎晩10時間使用する必要がありますが、奥歯の位置関係を改善することができます。i stationは様々な歯の動きを行う事ができ、固定式なので協力が不要ですが、ネジを植える必要があるのと材料代がかかります。なお裏側矯正で多く使用します。リップバンパーは非抜歯を意図した矯正で下顎の奥歯を後方に動かす場合には必ず必要になります。NHAはアンカースクリューの代わりに奥歯を止めておく目的で補助的に使用します。

一覧へ戻る

PAGETOP